Browse By

小型Ikariクローン『Cooler Master – MASTERMOUSE MM520』レビュー

Mionix  – Naos7000』を愛用する私の元に明るいニュースが飛び込んだ。

Cooler Masterは、Pixartの「PMW3360」センサーを搭載した高性能ゲーミングマウス「MasterMouse MM530」、「MasterMouse MM520」を22日に発売する。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格はいずれも5,180円前後の見込み。(引用元:PC Watch

DRTCM37クローンのMM530が注目される中、今回は小型Ikariとも言える形状をしている『MM520』のレビュー。
似ているマウスの『SteelSeries – Ikari Laser』『Mionix – Naos7000』と比較しつつ、まとめていこう。

形状/デザイン:つかみ持ちに特化・旧モデルとの差別化
MM520』のデザインの元となっている旧モデル『Spawn』『Xornet II』とはいくつかの点で改良が施されている。

1つ目はマウス左側(親指側)のラバーである。旧モデルではマウスの左右にラバーがあるのに対して、『MM520』ではマウスの右側のみにラバーが張り付けられている。一見するとマウスのグリップが弱くなるため、あまり良い印象ではないが、むしろこのデザインがサイドボタンへのアクセスをスムーズに行うことができる理由のように思える。

2つ目は「DPI変更ボタン(2ボタン)」が「TactiXボタン(1ボタン)」に変更されている点である。デフォルトの設定ではこのボタンを押すことによって、高度なキーの組み合わせを利用できるというもの。このボタンも他のボタンと同様にキー割り当てをすることも可能で、従来のDPI変更ボタンとしても利用可能だ。

マウスのデザインはNaosを小型化したというのが率直な感想。Naosと異なる点は親指と小指のスカート(指を置く部分)がなく、つかみ持ちに特化したデザインになっている。マウス表面は梨地加工でサラっとしていて、手に馴染む。クリック部分はセパレートタイプを採用しているため、最近のマウスにありがちな一体型よりも歪みが少なく、高速クリックがしやすい構造になっている。トレンド(?)のRGBカラー1680万色のLEDにはもちろん対応。細部にまでつかみ持ち特化のアイデアが施されているように感じる。

マイクロスイッチ/センサー:最新光学式センサー「PMW3360」搭載、スイッチの耐久回数が4倍に
マイクロスイッチの耐久回数は約2000万回。クリック感と耐久回数から、ゲーミングマウスでは定番の「D2FC-F-7N(20M)」だろう。サイドボタンには、ややタクタイルスイッチ感がある。

最新光学式センサー「PWM3360」搭載。最大DPI12000で最小DPI100から100DPI刻みで変更可能。今回はこのセンサーを以下の環境で「Mouse Tester v1.2」を使用して検証した。

ソフトウェア:Mouse Tester v1.2
設定ソフトウェア ver:1.12
マウスFW ver:V1.00.14
マウスパッド:ZOWIE – G-SR
ポーリングレート:1000Hz
OSマウス感度:6/11

400DPI:誤差の範囲とも言える乱れがあるが、ほぼ乱れはない。

800DPI:左右切り返し時にごく僅かに乱れが確認できるが、致命的というレベルではない。

5000DPI:やや大きめの乱れを確認。

12000DPI:5000DPI設定時よりも大きな乱れが確認できる。競技向けゲームにはオススメできない。

結果的には高DPI設定の際に大きなブレを計測した。ゲームプレイで12000DPIを使用するユーザーはいないと思われるのでセンサーの性能としては申し分ない。「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」「Overwatch」などをプレイしたが、プレイに支障をきたすブレを感じることはなかった。

裏面:小型マウスゆえにやや前目のセンサー、マウスソールは3ヶ所
Naos・Ikariとマウスの上部を合わせ、センサーの位置を比較すると、小型マウスゆえに前目のセンサー配置となっている。ただ、『MM520』単体で見ると、そこまで前目には配置されていない。フロントセンサーとは言い難い。

マウスソールは上下左の3ヶ所。親指側にのみマウスソールがないが、ゲーム中に違和感を感じることはなかった。

総評
小型マウスと言えば「Logicool – PRO」「SteelSeries – Rival100」などを想像するが、Ikari系統のデザインの『MM520』は小型マウスの新たな選択肢に成り得る。私はかぶせ持ちで運用しているが、大きな違和感はない。5000円台で「PWM3360」センサー搭載と、かなりお買い得な価格設定だが、形状がやや特殊であるため、購入の前にPCショップで確認することがベストだろう(パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で展示を確認済)。使う人を選ぶマウスなのは確かであるが、かなり完成度の高いマウスだった。

追記:分解しました。

『Cooler Master – MASTERMOUSE MM520』分解画像
http://re4ction.org/archives/2343

Cooler Master MasterMouse MM520 ゲーミングマウス MS315 SGM-2007-KLON1

 

Cooler Master MasterMouse MM520 ゲーミングマウス MS315 SGM-2007-KLON1
Coolermaster (2017-11-22)
売り上げランキング: 24,847
Amazon.co.jpで詳細を見る



スポンサードリンク

2 thoughts on “小型Ikariクローン『Cooler Master – MASTERMOUSE MM520』レビュー”

  1. Pingback: これがオレの最強デバイス環境だ – RE:Action!
  2. Trackback: これがオレの最強デバイス環境だ – RE:Action!
  3. Pingback: 『Cooler Master – MASTERMOUSE MM520』分解画像 – RE:Action!
  4. Trackback: 『Cooler Master – MASTERMOUSE MM520』分解画像 – RE:Action!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です