【BFV】バトルフィールド5(Battlefield 5)新作発表会の情報・解説まとめ

 ※発表会での情報を簡単にまとめています。誤訳による間違った情報の可能性もありますのでお気をつけください。

 

 BFV公式発表トレイラーはこちらから↓

 

 この3種類の画像はコンセプトアートです。マップになるのかは不明です。

 

 「Combined Arms」はオンラインのCo-opです。BFシリーズとしてはCo-opが復活したことになりました。マルチプレイモードを好む古くからのプレイヤーに向けたものではなく、新規プレイヤーのためではあるものの、誰もがバトルフィールドをプレイするための方法を提供するとのことです。

 

 DICEは「Battlefield Vで第二次世界大戦の先入観に挑戦したい」と語りました。それは北アフリカの砂漠、オランダのロッテルダム、フランスの田舎、ドイツが占領していたノルウェー北部にフォーカスを当てるため、ノルマンディー上陸作戦のような伝説的なイベントは採用されにくいと考えられます。これらの地域では、歴史的な出来事からインスピレーションを受けたシングルプレイモードのストーリー・マルチプレイモード・Co-opといったゲームモードを問わず、ゲーム全体のイメージとして設定されています。

 Battlefield VのシニアプロデューサーのAndreas Morellは「私たちはBF1の手順書を作り、それを改良し続けている。Battlefield Vのシングルプレイモードについては同じような扱いに期待できるだろう。」と語りました。

 

 シングルプレイモードの主人公はドイツからの支配に抗うノルウェーの女性です。

 

 今回の発表では3種類の車両の画像が発表されました。

 

 4つの兵科と3種類の車両、3種類の戦闘機がわかります。

 

 今作で追加されるCompanyシステムではプレイヤーのキャラデザインやスキルを変更可能。関連するスキンはゲームをプレイしていくことで解除されます。前作などとは異なり、Pay-2-Winを排除するためにプレミアムパスを廃止することを発表しました。

 

 Battlefield Vの核となる大きな要素として、DICEがライブサービスと呼んでいる「Tides of War」があります。WW2時代の様々な物語をプレイできる設計になっており、常に変化し続けるマルチプレイヤー体験を可能にします。各章には時間制限が存在し、数か月ごとに新しいゲームプレイを提供する予定です。また、これによってフェイスペイントや兵士のスキン、武器のスキンが獲得可能となっています。

 

 対応ハードはPC、PlayStation 4、Xbox Oneです。Battlefield Vは10月19日に世界で同時発売されます。なお、EAアクセス(月額518円)加入者が11日から最も早くプレイすることができ、デラックスエディションの購入者が16日からプレイ可能になります。

 DICEは今作から新しいコンテンツ(マップやゲームモード)をプレイするために必要な有料のプレミアムパスが廃止されます。これがDICEやファンにとって良い影響を与えることができるかは未知数です。


mush1to

『RE:Action!(2015-)』の管理人。千葉県生まれインターネット育ちの未成年。FPSとゲーミングデバイスが得意分野。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です